ルート配送とはどんな仕事?仕事内容や給料を徹底解説

コラム

  • ルート配送とはどのような仕事なの?
  • ルート配送ドライバーは働きやすい?

以上のような疑問をお持ちではないでしょうか。ルート配送は「配送ドライバー」として区別されている物流業界の仕事の一種です。

こちらの記事では、ルート配送とはどんな仕事なのか?仕事内容から給料、メリット・デメリットまで徹底解説しています。トラックドライバーの仕事に興味がある方、安定した収入が欲しい方は必見の内容です。

ルート配送の仕事内容

ルート配送の仕事は、商品や荷物を特定のルートやスケジュールにしたがって配達することです。主にトラックやバンなどの車両を運転して、倉庫や店舗に商品を運びます。

配送のルートやスケジュールを決める基準は、顧客の場所や地域・配達の優先順位・交通状況です。配送業務では、GPSや地図などのナビを使用して、効率的なルートを選択します。

また商品の状態を確認し、配送中に損傷や問題が発生していないかを注意深くチェックすることも重要です。

ルート配送の仕事では、運転技術や交通ルールの知識、効率的なルートプランニングのスキルが求められます。他にもルート配送は、中長期的に複数の顧客(担当者)と対面することが多いです。

よって、円滑にコミュニケーションを取りながら対応することが、会社の信頼を高めるためにも大切になります。

以上のように、ルート配送は商品や荷物を指定された場所に安全かつ迅速に運ぶ必要があり、物流に欠かせない仕事といえます。

ルート配送の基本的な仕事の流れ

ルート配送の仕事の流れはどのようになっているのでしょうか。実際に、1日の流れを見ていきましょう。

【1日の流れ】

1.最初に配送車の点検とアルコールチェックをおこないます。加えて、自身の体調も確認します。

2.倉庫から指定された荷物を積み込みます。荷物の種類や量に応じて、効率的に積むための配列や荷崩れしないかチェックします。

3.荷物を積み込んだあと、再度点検をおこないます。荷物が正しく固定されており、破損や漏れのリスクがないか確認します。

4.指定された場所に荷物を配送します。あらかじめ計画されたルートに沿って、時間通りに配達先へ到着できるように調整します。

5.配達先に到着したら、荷物を降ろして必要な手続きや書類を処理します。顧客からの支払いがあったり、受け取り証を提供したりする場合もあります。

6.配達中には、必要に応じて適宜休憩時間を取ります。長時間の運転や荷物の取り扱いで疲労を蓄積しないように注意します。

7.当日の配送が全て完了したら、配送拠点に戻ります。また配達の報告や記録を提出する会社もあります。

8.帰社後、再度アルコールチェックをおこない、車両の点検と清掃をします。

以上のように、ルート配送の1日の流れは、点検に始まり点検に終わる形です。最後に車両の点検と清掃をすることで、使用した車両を綺麗な状態にして完了となります。

長距離の移動が多いため、日々の点検がもっとも重要といえるでしょう。

次章では、ルート配送で働くメリットについて紹介していきます。

ルート配送で働くメリット

ルート配送ドライバーとして働くメリットは以下の3つです。

  1. 長時間労働になりにくい
  2. 安定した給料がもらえる
  3. 自分のペースで働ける

一つずつ順に解説しているので、メリットを把握して検討するうえでの材料にしましょう。

長時間労働になりにくい

ルート配送ドライバーの仕事は、一般的に配達エリア内でのルートをあらかじめ計画しているため、長時間労働になりにくいです。

配送エリアや荷物量に応じてスケジュールが組まれるため、適切な時間内に仕事を終えられるでしょう。

結果、ルート配送では労働時間とプライベートのバランスが取れて、ワークライフバランスを保ちやすくなります。

安定した給料がもらえる

ルート配送の仕事は、正社員や契約社員として雇用されることが多いため、固定給が高く設定されて安定した給与を得られます。

ルート配送は定期的な配送なので、突発的な「チャーター便」などとは違い、毎日安定して仕事があります。会社としてもルート配送によって仕事の安定性が確保されることから、社員に対して手厚い福利厚生も提供しやすいです。

また配送場所が決まっていることから、歩合制度を導入している会社は少なく、繁閑などによる収入の変動も少ないといえます。

安定した給料・仕事は、金銭的にも心の余裕にもつながります。

自分のペースで働ける

ルート配送ドライバーの仕事は、一人で車を運転して荷物を配達することがほとんどです。そのため、自分のペースで仕事を進められます。

ルート計画や配送スケジュールに基づいて仕事を進めながら、自身の作業ペースを調整できるので独立性が高いです。車内での作業や休憩時間の調整も自由に確保できます。

一人の仕事時間が多いことから自己管理能力や責任感が求められますが、自分のスタイルに合わせた働き方がしやすいです。

自分自身の作業スタイルやペースに合わせて仕事を進められるため、ストレスを軽減しながら効率的に業務をこなせるでしょう。

以上のメリットのように、ルート配送はプライベートの時間も確保しつつ安定した収入を得られます。ワークライフバランスを意識した働き方を目指す人におすすめの職種といえるでしょう。

ルート配送で働くデメリット

ルート配送は長時間労働になりにくく、年間を通して仕事が安定している一方で、デメリットもあります。ルート配送として働くうえで考えられるデメリットは以下の2つです。

  1. 作業が単調で飽きやすい
  2. 急な休みを取りにくい

それぞれ解説しているので、デメリットも把握しておきましょう。

作業が単調で飽きやすい

ルート配送の仕事は、繰り返しの同じ作業が多いため、単調さや飽きを感じやすいです。

毎日同じエリアを回り、同じ手順での荷物配達がルーティンワークとなるので、仕事に刺激がほしい人は物足りないかもしれません。

以上の単調さを改善するには、異なる配達エリアを担当する、新しい道や景色を探索するなどの工夫をしてみましょう。

またルーティン化した業務のなかにも突発的な出来事も考えられます。

例えば、道路工事や交通渋滞によって配達ルートが変更になることがあります。他にも、「違う品物も追加で届けてほしい」「倉庫を経由してから届けてほしい」など特別な配達要件もあるかもしれません。

以上のような予測不能な状況に直面することで、臨機応変な対応が求められますが、単調さを打破する刺激になるでしょう。

急な休みを取りにくい

ルート配送の仕事は、特に繁忙期や休日商戦時には需要が高まります。需要に応じて一定の配送スケジュールが組まれているため、急な休みや休暇の申請が難しい場合があるでしょう。

通常、配達スケジュールや店舗の営業時間に合わせる必要があります。固定されたルートを担当している場合は、代わりのドライバーが必要になるため、休みの調整が難しいでしょう。

例えば、年末年始やGWなどの大型連休時には、多くの荷物が発送されるので休みを取りにくくなります。また需要の急増や緊急の配達依頼に対応するために、フレキシブルな勤務体制が求められることもあります。

ただし、あらかじめ休みを計画して社内で調整することで、休暇の取得や柔軟な対応をしてもらえるでしょう。

ルート配送の仕事に向いている人

ルート配送ドライバーに向いている人はどんな人か?

以下の3つのいずれかに該当する人は、ルート配送の仕事に向いているといえます。

  • プライベートを大切にしたい人
  • 安定した収入が欲しい人
  • 一人の仕事が好きな人

それぞれ順に解説しているので、自分が当てはまるか確認しましょう。

プライベートを大切にしたい人

ルート配送の仕事は、比較的自由なスケジュールを組めるため、プライベートな時間を大切にする人に向いています。

例えば、子育て中の親や趣味や他の活動に時間を割きたい人にとっては、自分の都合に合わせて仕事を調整できます。配送のスケジュールやルートは事前に決まっているため、予定が立てやすく、時間をコントロールしやすいといえるでしょう。

主婦(主夫)の方など、子供の学校の送り迎えや家事の合間に配送することで、時間を有効活用しながら働けます。

また仕事でも、なるべくプライベート空間を保ちながら働きたい人におすすめです。ルート配送は、一人で車を運転して配達することがほとんどです。他の人との密なコミュニケーションやチーム作業が少なく、自身のペースやスケジュールで調整できる特徴があります。

以上のように、プライベートの時間を重視したい人にとって、ルート配送の仕事は適しています。

安定した収入が欲しい人

ルート配送の仕事は、安定した収入を得やすいです。

例えば、大手配送会社に正社員として採用されると、毎月一定の給与が支給されるでしょう。また一部の企業では、ボーナスや手厚い福利厚生も用意されている場合もあります。

需要が安定している商品や契約が長期的な顧客への配送を担当する場合、一定の仕事量と収入が保証されます。

フルタイムでルート配送の仕事に就けば、より安定した給与を得られるでしょう。毎月安定した収入を得たい人や将来の安定を重視する人にとって、ルート配送は魅力的な選択肢となります。

一人の仕事が好きな人

ルート配送は、通常一人で業務を遂行します。「この時間までに〇〇付近へ行こう」「次は■■だから、★★まで行って少し休憩しよう」など自己管理が求められます。

自分の作業スタイルやペースを確立して独立した空間で働けるので、他人からあまり干渉されたくない人にもおすすめです。指定時間までに配送していれば良いため、自由度も高いといえます。

一人の仕事でも、成長できる機会は多いです。自分で配送するルートを最適化したり、効率的な配送方法を見つけたりすることで、自己成長や成果を感じられるでしょう。

例えば、食品配達サービスの配達員として働く場合を考えます。担当エリア内で配達順序を最適化すれば、効率的な配達につながって大きな達成感を得やすいです。

一人で黙々と配達先に出向いて作業することが好きな人にとって、ルート配送の仕事は適しているといえるでしょう。

以上のように、ルート配送は個人のニーズや働き方に合わせて柔軟に対応しやすいです。自身のライフスタイルや嗜好に合わせた働き方を実現できる選択肢となるでしょう。

ルート配送の仕事に向いていない人

ルート配送の仕事には向いていない人も存在します。

ルート配送は、長時間の運転や商品の積み下ろし、配達作業などの身体的な活動をともないます。もし運転や体を動かすことが苦手で苦痛に感じる場合、向いていないかもしれません。

また同じ商品の取り扱いや配送先の住所確認、配達の記録など、反復的な単純作業が主な業務です。もし単調な作業が苦手で、刺激や変化のある仕事をしたい場合、向いていない可能性があります。

一般的には比較的安定した収入を得られますが、仕事を通してのスキルアップや資格取得の機会は限られます。もし積極的にスキルやキャリアの発展、収入アップをしたい人であれば、大型トラックのドライバーや歩合制を導入している会社を探しましょう。

以上のように、ルート配送の仕事には向かない人もいます。記事を読んで合わないと感じた人は、より適した職種や業界を探し、自身のキャリア目標に合った道を選びましょう。

ルート配送ドライバーの平均的な給料や年収

2023年7月時点における、ルート配送ドライバーの正社員の平均年収は393万円です。

月給に換算すると33万円で、初任給は22万円程度が一般的な水準になっています。アルバイトやパートの場合、平均時給は1,089円であり、派遣社員の場合は1,295円です。

地域別に見てみると、もっとも高い収入水準を示すのは関東地域です。特に千葉県は425万円で平均年収の推移が高い傾向になっています。続いて、神奈川県が421万円、埼玉県が418万円、東京が417万円という順です。

一方で、もっとも低い収入水準は年収282万円の沖縄県になります。理由は、沖縄の地理的な問題が大きく関係しており、物流コストが高い傾向にあるからです。

千葉県と比較すると、平均年収の差は143万円もあります。時給換算では、アルバイト・パートでは188円(沖縄901円)、派遣では264円(沖縄1,031円)の差です。

自分がどこで働きたいか、どこに住むとどのぐらいの年収が目指せるかも確認しておきましょう。

ルート配送ドライバーに必要な資格

ルート配送ドライバーとして働くためには、普通一種免許か中型一種免許が最低限必要です。配送業務や宅配業務に従事するときに必須のため、応募条件の大前提として求められます。

普通一種免許をすでに保有している場合、中型一種免許の取得を追加で取得できます。資格取得支援制度を利用すれば、金銭面の支援を受けながら中型一種免許の取得を目指せるでしょう。

仕事によっては、集荷先や配送先での荷物の積み下ろし作業なども発生します。各現場で臨機応変な対応ができるように、フォークリフトや大型一種の免許を保有していると重宝されます。

以上の資格を持つことで、より多様な仕事の選択肢や職務内容の幅を広げられるでしょう。

まとめ

ルート配送とはどんな仕事なのか、メリットや向いている人、仕事内容や給料について解説しました。

ルート配送は、プライベートの時間も確保しつつ、安定的な仕事・収入を得られる魅力があります。一方で、仕事上一人の時間が多いため、時間管理とモチベーションの維持・責任感がとても大切な職業です。

配送ルートがあらかじめ決まっているので、仕事に慣れることでさらにワークライフバランスを意識した生活ができるでしょう。またルート配送の仕事は、日々変化する交通状況や気候のなかで運転をするので十分な注意も必要です。

1日のおおまかなスケジュールの流れを確認することで、ルート配送の仕事のイメージもつきやすくなるでしょう。ドライバー志望の方や安定した収入を得たい方は、ぜひ参考にしてください。
シゲタイーエックスでは、ルート配送をはじめとした各種配送をおこなっています。配送関連のお悩みがありましたらいつでもお問い合わせください!

※当サイトはリンクフリーです。お役に立ちそうな内容がありましたら引用などご自由にお使いください。

【出典:東京の運送会社シゲタイーエックス】と併記いただけますと幸いです。

関連記事

最近の記事

  1. 大雪時の「チェーン規制」を再確認(2024年版)。規制区間はどこ?

  2. 2トントラックの運転は怖い?レンタカーよりも安心な方法とは

  3. 配送の依頼はマッチングサービスと運送会社へ直接依頼どっちがいいの?

  4. ルート配送とはどんな仕事?仕事内容や給料を徹底解説

カテゴリー

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 2トントラック貸切チャーター便は安い?料金の相場や注文方法

人気の記事