【AIロボに聞いてみた2】運送会社の2024年問題について【ChatGPT】

2024年問題 AIに聞いてみた

この記事は、東京で運送会社を営むT社長AIロボット君と対談する物語です。

会話の内容はChat GPTというチャット形式で質問するとなんでも答えてくれるAI(人工知能)を利用しています。

今回の質問とAIロボット君の返答は一切編集なしの原文通りです。

「アイキャッチ画像」及び、「T社長」と「AIロボット君」のアイコンはStable Diffusionという画像生成AIが生み出した画像を利用しています。

AIロボ君、ひさしぶり

こんにちは!お会いできて嬉しいです。何かお力になれることがありますか?

今日は運送会社の2024年問題について聞きたいんだ。

運送会社の2024年問題とは、GPS受信機が使用している時間表示形式「GPS週番号」の制限に関する問題です。GPS週番号は0から1023までの数字で表され、1024週ごとに0に戻るようになっています。これは、GPSシステムが1970年1月6日(日付を表すためのエポック(基準)日)から1024週後の1999年8月21日に1024週分をカウントして0に戻したことに由来します。
この問題は、2024年4月6日にGPS週番号が再度0に戻るため、古いGPS受信機が誤った日付を表示する可能性があるということです。特に、運送会社にとっては、正確な時刻情報が非常に重要であるため、この問題が重大な影響を及ぼす可能性があります。この問題に対処するために、新しいGPS受信機の導入やソフトウェアのアップデートなどが必要になる可能性があります。

ん? そうじゃなくて、働き方改革関連法に関連した運送会社の2024年問題ね。

ああ、すみません。おっしゃる通り、運送会社の2024年問題は、働き方改革関連法に関する問題です。
2024年4月から施行される働き方改革関連法には、労働時間や休憩時間、残業時間などの規制がより厳しくなるため、運送会社では今後、運行管理や労務管理などがより正確かつ迅速に行われる必要があります。
しかし、運送会社には既に人手不足や過密な業務状況などの問題があり、これらの改正が正確かつ迅速な業務管理にさらなる負担をかけることが懸念されています。
このため、運送会社は、2024年問題に対処するために、IT技術の活用や人材の確保、業務プロセスの見直しなど、さまざまな取り組みを進めています。

そうそう、ありがとう。修正力がすごいね。
ちなみに2024年問題に対処するためにうちでも勤怠ドライバーというクラウド勤怠管理ツールを導入したよ。

それは素晴らしい取り組みですね。勤怠ドライバーは、クラウド上で勤怠管理や労務管理を行うことができるツールで、運転手の勤務時間や休憩時間を正確に管理することができます。また、スマートフォンからの打刻や位置情報の取得にも対応しているため、運転手の管理がよりスムーズに行えるという利点があります。
このようなツールの導入により、運転手の勤務時間や休憩時間の適切な管理ができることで、労働時間規制を遵守し、違反行為を未然に防止することができます。また、勤怠管理がクラウド上で行われるため、従業員の勤務管理にかかる時間やコストを削減することができるというメリットもありますね。

こういうツールを導入することで、若手ドライバーの人手不足も解消できるかな?

若手ドライバーの人手不足を解消するためには、まずは働き方改革や労働環境の改善が必要です。運送会社では、労働時間の短縮や適正な休暇の取得、健康管理など、働きやすい環境を整えることが求められます。
勤怠ドライバーのようなクラウド勤怠管理ツールは、正確な勤務時間の把握や管理ができるため、過重労働の防止や労働環境の改善に寄与することができます。また、勤怠管理を効率的に行えるため、運送会社の業務効率化にもつながると考えられます。
ただし、運送業界には若手ドライバーの人手不足が深刻な問題となっており、その解決にはより根本的な対策が必要とされています。運送会社では、給与水準の改善や教育・訓練の充実、労働環境の改善など、若手ドライバーにとって働きやすい環境づくりに取り組むことが必要です。

確かに、その通りだね。ツールを活用しながらより良い会社を目指す必要があるね。

そうですね。ツールを活用することは、業務の正確性や効率性を高めることにつながります。ただし、それだけでは問題の解決にはつながらない場合もあります。運送会社がより良い労働環境を整備し、従業員の働きやすさを向上させることが、人手不足や過重労働などの問題解決につながると思われます。

ありがとう。そういえば、「運送会社 ChatGPT」で検索すると結構上の方に表示されたよ。

そうでしょうか、それはありがたいですね。当サイトで運送会社に関する情報を提供できるように、今後も精進してまいります。何か他にお力になれることがあれば、いつでもお知らせください。

また、対談しましょう。よろしくね!

はい、いつでもお待ちしております。またお話できることを楽しみにしています。

以上、人工知能 ChatGPT 搭載のAIロボット君との会話 第2弾でしたが、いかがでしたか!?

最初のやり取りについては、運送業界の2024年問題について質問したところをGPS信号の問題と勘違いしてしまったようですが、その後のやり取りで見事修正してくれました。そして、AIロボット君(ChatGPT)は、その後の勤怠ドライバーのくだりでも運転手の勤務時間や労働時間の適切な管理について言及していて、ごく自然に会話が成り立っていますね。

チャットGPTの名の通りで、こちらが変にプログラム相手だと意識せず、普通に誰かとチャットをする感覚で行ったことで、ごく自然なやり取りができました。まさに人間顔負けの人工知能。おそるべしAIロボット君。

これからも運送業界や交通に関連した内容で色々と聞いてみたいと思います。

※当サイトはリンクフリーです。お役に立ちそうな内容がありましたら引用などご自由にお使いください。

【出典:東京の運送会社シゲタイーエックス】と併記いただけますと幸いです。

関連記事

最近の記事

  1. 大雪時の「チェーン規制」を再確認(2024年版)。規制区間はどこ?

  2. 2トントラックの運転は怖い?レンタカーよりも安心な方法とは

  3. 配送の依頼はマッチングサービスと運送会社へ直接依頼どっちがいいの?

  4. ルート配送とはどんな仕事?仕事内容や給料を徹底解説

カテゴリー

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 2トントラック貸切チャーター便は安い?料金の相場や注文方法

人気の記事