2トントラックは新車も中古車も価格が上昇中

コラム

シゲタイーエックス,トップページ3,2トンロング箱,パワーゲート

東京の運送会社、シゲタイーエックスです。

運送会社が事業をおこなう上で最も大事な道具はトラックなどの車両ですが、2トントラックの価格が新車も中古車もとても上がってきています。東京で2トントラックをメインに、全メーカーを取り扱っている弊社がその理由などについてまとめてみました。

2トントラックの価格上昇の理由

昨今では、身の回りのあらゆる物の値上げが続いていますね。値上げの波は2トントラックについてもご多分に漏れず、急激な価格上昇がおこっています。2トントラックが入替えとなり、同じ用途・同等の仕様で注文したのに、2~3年前と比べて100万円以上の価格上昇している例も少なくありません。(2022年)

以前から値上がりは有りましたが、なぜここに来て急激な値上げとなったのでしょうか?

その理由は複数の要因があるようです。

安全性向上のための先進装置や環境対策装置の取付義務化による影響

最近の自動車は、安全支援システムが色々と備わっています。2トントラックも普通自動車のように、衝突軽減ブレーキ、左折巻き込み防止装置、車線逸脱防止支援装置などの先進装置が取り付けられています。

また、ディーゼルエンジンで軽油を燃料とすることが多いトラックでは、DPDやDPFと呼ばれる排気ガス浄化装置が取り付けられます。この装置により、排気ガスに含まれるpm2.5などの有害物質を軽減させることができます。環境のためなので、仕方ないことではありますが価格上昇の要因になっています。

新型コロナウイルスの影響

世界中の自動車部品製造会社の生産が減少し、トラックの部品類も供給量が減ったため、価格が高騰しました。またハーネスなどの一部の部品が生産停止した時期には、トラック自体が生産できなくなり納期未定となりました。今は生産はストップしていないので、時間がかかるものの、完成次第 順番でトラックが納車されるようになりました。

半導体不足によるもの

世の中で半導体を利用するものが増えました。自動車以外にもスマートフォンや家電などのあらゆるものに半導体が使われるようになりました。そんな中、コロナ禍で自動車産業は一時的に半導体の購入を止めたようですが、半導体産業はコロナ特需で需要が増え、なにも自動車産業向けに安く半導体を販売する必要がなくなったと言われています。そのため自動車に使われる半導体の価格が増加しました。

原油価格の高騰

原油価格が上昇したため、部品を製造するコストや製造した部品を運搬するコストが上昇しました。

新車の納期が遅れ、中古車の需要が増えたことで中古価格も上昇

2トントラックの新車の納期が未定となり、トラックをすぐに必要とする運送業者などは、中古車に目を向けました。そうすると中古トラックの需要が増加して、価格が上昇しました。

中古トラックは、円安により海外へ輸出したほうが良くなった・・・

円安の影響で、質の良い日本の中古トラックが海外では以前よりも安く入手することができるようになり、海外からの注文が増えました。そのことで中古トラックの国内販売価格も上昇要因の一つになります。

2トントラックの新車価格について

トラックの国産4大メーカーとして挙げられるのが、いすず、三菱、日野、UDトラックスの4社ですが、UDトラックについては、2トントラックは自社で製造しておらず、三菱ふそうのOEM生産となっていますので、実質的に小型トラックと呼ばれる2トントラックを製造しているのは、いすず、三菱、日野の3社になります。

UDトラックスのように、自社で製造はしていないものの販売はしている会社は他にも有り、日産、マツダ、トヨタでも2トントラックを購入することができます。これらは、いすず、三菱、日野のいずれかがOEM製造したものを販売しています。

さて、各社トラックメーカーの価格ですが、一般的にホームページを見てパッと値段が見えるようにはなっていません。カタログを請求してもそこに値段は載っていません。見積もりをして初めて値段が分かります。

トラックの仕様も多岐にわたり、架装や装備によって金額が大きくかわりますし、購入する地域や販売ディーラーによっても金額が変わります。そして、気になる値引き額についても、取引量や将来的にどれくらい購入するのかで大きく変わります。

2トントラック新車予想価格

2トントラック平ボディ 500万前後万

2トントラックアルミバン(箱車)600~700万

2トントラック標準幅ロング アルミバンバンの新車予想価格

仕様や地域によっても金額は変わりますので、参考価格として記載します。また、価格上昇の傾向は今後も続きますので、この金額よりも高くなることも当然考えられます。

定価 600万~700万

2トンワイドロング平ボディトラックの新車予想価格

あるメーカーさんのサイトが、Google検索から閲覧できました。その時の価格が下記のとおりです。

車両代価格 5,081,000円
消費税・登録諸費用別途。

2トントラックの新車の納期

また、価格以外に大事なのが納期です。コロナ以前には売れ筋仕様の2トントラックをディーラーで在庫として確保していて、完成品の即納車として1ヶ月前後で納車しくれることがありました。ところが、コロナ禍においてはそのような完成品の在庫は無くなり、受注生産が一般的になりました。

受注生産ですと、メーカーや車種・仕様によっては1~2年 前後待つこともザラにあります。また、モデルチェンジなどの関係で、一時的に受注をストップするディーラーもあります。

2トントラックの新車を購入するときには、1年くらい待つ必要があると考えたほうが良いので、計画的に購入することが必要になります。

2トントラックの中古車価格

2トントラックの新車価格が高騰し、供給量不足で納期も時間がかかることで、中古の2トントラックが注目されています。以前 弊社で、あるディーラーさんに新車2トントラックの見積もりを取ったところ、新車の納期が未定ということで認定中古車を紹介してくれました。

そういうこともあるんだなと、営業さんの機転に感謝したのですが、問題はその価格。5年落ちの中古トラックの価格が、5年前に買った同等の車両、購入時の価格の1.25倍だったのです。

分かりやすくいうと、5年前に買った400万円のトラックと同じような年式、走行距離の中古トラックが、今 中古で500万円なのです。それじゃ、5年前に買ったトラックを今売ると500万円で売れるの!?と、とても驚きました。もちろん仕事道具なので、売ることは出来ませんが・・・。

その時にはそれくらい、2トントラックの供給量が少なく、一方で需要は回復してきているのだなと痛感しました。ちなみに、その時は直ぐにトラックが必要だったので中古トラックを選択しました。

2トントラックの中古車の納期

2トントラックの新車の納期が約1年かかるとして(2022年11月現在)、それじゃ2トントラックの中古車にしようと考えるのは当たり前の選択肢です。中古車トラックでしたら、専門の業者さんがすでにトラックを仕入れて在庫を確保し、場合によっては整備も済ませていますので、早いもので1ヶ月近くで納車できるトラックもあります。

弊社は、運送会社ですので、新規案件の受注や事故・故障などで突発的に2トントラックの入替えが発生することがあります。そうすると、新車を1年待つというのはとても無理な話になってしまいますので、中古車トラックを購入するという選択肢を使います。

弊社では、新車トラックも中古トラックも購入して使用していますが、中古の2トントラックを購入する際には、良い中古車業者さんとの付き合いがとても大事だと感じています。

  • 中古車業者様の広告を募集中しています。問い合わせフォームよりご連絡ください。
  • 関連記事からのリンクになるので、高いSEO効果が期待できます。
  • 費用は導入時だけの買い切り制です。限定3枠となります。当サイトが続く限りSEO効果が期待できます。

2トントラックは保有しないという選択肢

この記事では2トントラックの新車と中古車の価格と納期についてまとめました。

東京の運送会社である弊社は、2トントラックを毎年数台購入しています。最後に宣伝になりますが、トラックの価格が急騰している今、無理して2トントラックを購入しないという選択肢もあることをお伝えします。

弊社は、赤帽からスタートして臨時便や緊急便を得意とする運送会社です。様々な業種のお客様の色々な品物を日々配送しています。トラックを購入すると導入費用の他にも月々の維持費も当然かかってきます。燃料費や整備代などの変動費も近年 高騰してきていますし、駐車場代や保険料などトラックを動かさなくてもかかる固定費も馬鹿になりません。トラックの利用頻度にもよりますが、色々な企業とトラックをシェアリングする感覚で、スポット運送に強い運送会社を利用するほうがコスト的にメリットが出る場合もあります。

東京近郊で配送にお困りごとがありましたら、弊社にお問合せください。

※当サイトはリンクフリーです。お役に立ちそうな内容がありましたら引用などご自由にお使いください。

ご利用の際は出典元として【出典:東京の運送会社シゲタイーエックス】と貼り付けていただきますようお願い致します。

関連記事

最近の記事

  1. 軽貨物ドライバーが楽しいと感じる瞬間とは?向いている人の特徴も

  2. 確定拠出年金制度(企業DC)、導入のお知らせ

  3. エコ安全運転で燃費改善|社内で共有したい10の取り組み

  4. 車検証が電子化されます。電子車検証は2023年1月4日から

カテゴリー

アーカイブ

おすすめ記事

  1. かんたん診断、助成金診断サービス始めました